会社案内

営業案内

営業案内図 株式会社キノックスは、映像作品の企画から完成まで、制作や技術のエキスパートに社内外のクリエイターを加えて、社内一貫した体勢でクライアントのご要望に応えて参ります。
また日本国内に止まらず、中国における映像制作では、多くの現地業務提携会社との連携で、皆さまの中国ロケをサポートして参ります。

▲ このページのトップへ

会社概要

社 名 株式会社キノックス KINOX CORPORATION
本 社 東京都新宿区西早稲田3-31-11-506
事業所 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-35-3 ダイヤモンドダスト1F
TEL 03-3374-3939
FAX 03-3374-4149
設 立 昭和59年3月3日
資本金 1,000万円(授権資本2,000万円)
代表取締役 熊田 英明
業務内容 劇場映画・TV映画の企画制作、ドキュメント映画・文化教育映画の企画制作、企業の販売促進ビデオ・ノベルティグッズの企画制作、TV番組(地上波・BS・CS放送)の企画制作・技術業務、デジタルコンテンツ制作・インターネット配信、フィルム・VTR技術業務、文化・芸術・映像全般にわたる業務・物品販売、国際業務(中国・米国)における映像業務全般・輸入物品販売
取引金融機関 昭和信用金庫(新宿支店)
八千代銀行(笹塚支店)
三菱東京UFJ銀行(西新宿支店)

▲ このページのトップへ

沿 革

昭和57年3月 東京都新宿区西新宿に新映像クリエイティブ・プロダクションとして発足。
文化映画、ドキュメント映画、教育映画等のフィルム作品制作を開始する。
また、スタッフの育成に努め、映画制作現場への出向が業務となる。
昭和59年3月 キーノ企画株式会社を発足。
業務内容にビデオソフトの企画制作を新たに加える。
昭和63年4月 事業拡大の為、渋谷区笹塚に移転。
同年、VTR機材を導入、VTR技術の業務を開始する。
平成4年4月 技術部分室を設ける。
平成4年8月 大型映像制作技術参入。
平成5年4月 中国合弁事業準備室を開設のため、中国人スタッフ採用。
平成6年5月 新社名、株式会社キノックスと改称。
10周年を記念し、日中合弁会社「北京基諾国際影視芸術発展有限公司」を設立。
平成10年6月 業務充実の為、事業所を移転(パラシオン笹塚)。
平成13年8月 分室として、制作事業部移転(笹塚サンハイツ)。
平成16年6月 制作事業部より営業企画部独立
平成18年3月 日本株式会社基諾北京代表所設置。
平成22年5月 事務所移転(ダイヤモンドダスト)。
平成24年3月 30周年を迎える。

▲ このページのトップへ

企画・営業部

永年培った営業の中からの発想を生かして貴社の将来の展望を鮮明に映し出すお手伝いをご提案いたします。また、皆様のニーズを的確に捉え、当社の質の高い企画力で、表現豊かにご提案いたします。

▲ このページのトップへ

制作部

企業のプロモーション、官公庁の広報ビデオ、CS放送番組、スポットCMまで、幅広いジャンルにわたる様々な映像制作を行っています。その中でもドラマ制作においては自信を持っており、出演者を登場させたストーリー展開の作品など、ご希望の際は是非是非ご一報下さい! 必ずや、ご満足のいく作品に仕上げたいと思います。(^_^)v

キノックス制作部 TEL:03-3374-3962 FAX:03-3374-4149
お問い合せはこちらまで

▲ このページのトップへ

撮影・技術部

映画製作で培ったノウハウを活かし、16mm~70mm・ビデオでは、DV~HD・4K映像にいたるまで、企業VP・展示映像・映画・ドラマ・コマーシャル・テレビ等、技術と知識と人柄で勝負する技術集団です。持てる力を最大限に生かした作品を創造していきます。

→ 撮影・技術部のスタッフ紹介はこちらをご覧ください

▲ このページのトップへ